iPhoneのバッテリー劣化を防ぐ方法と劣化状態の確認方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

iPhoneのバッテリー劣化が気になっていませんか?

私たちの生活に欠かせないiPhoneですが、長時間の使用によってバッテリーが劣化してしまうことは避けられません。

この記事ではiPhoneバッテリーの寿命を延ばす方法と確認方法についてご紹介します。

目次

iPhoneのバッテリー劣化を防ぐ方法

1. 正しい充電方法を守る

iPhoneのバッテリー寿命を延ばすためには、正しい充電方法を守ることが大切です。

あなたは自宅や会社で、iPhoneの電池が100%の状態で充電し続けていませんか?

実はこの方法は、iPhoneのバッテリー劣化につながります。

充電しすぎるとバッテリーの寿命が縮まってしまうため、必要以上に充電しないように注意しましょう。

2. ソフトウェアアップデートを行う

iPhoneのソフトウェアは、バッテリーの寿命にも影響を与えます。

iOSのアップデートを行うことで、バッテリーの消費電力を最適化し、バッテリーの寿命を延ばすことにつながるのです。

もちろんソフトウェアアップデートを行うことで、新しい機能やアプリケーションを利用できるようになるため、iPhoneの使い勝手も向上します。

ただし、新しいiOSのバージョンが出たからといって、すぐにアップデートを行うのはおすすめではありません。

詳しくは上記記事でも解説していますが、iOSの自動的なアップデートは停止しておきましょう!

3. 温度管理に気を配る

iPhoneを使用する上で最適な温度帯は、0℃から35℃です。

バッテリーの寿命を延ばすためには、高温下での使用や充電は避けるように心がけましょう。

また、iPhoneを長時間放置する場合は、直射日光の当たらない涼しい場所に置くことが大切です。

特に、夏場は車内に置いたままにしないように注意しましょう!

車内の温度が高いと、iPhoneのバッテリーが劣化を早めてしまう可能性があります。

iPhoneのバッテリー劣化状態の確認方法

以下の手順で、バッテリー劣化状態が確認できます。

①「設定」から「バッテリーの状態と充電」をタップ

②「最大容量」と説明を確認

上図の場合、最大容量85%で、新品時と比べると容量が減ってしまっています。

下図ように、83%や82%で、「バッテリーが著しく劣化」と表示されている方々がいるので、85%を下回るかどうかが判断基準と言えるかもしれません。

iPhoneのバッテリー劣化が気になってきたらどうする?

iPhoneのバッテリー劣化が気になってきた場合、考えられる手段は、iPhone本体の交換、またはバッテリーの交換です。

バッテリーの交換は、Appleや提携しているサービスプロバイダを活用して、持ち込み修理、配送修理などの対応をしてもらうことができます。

まずは、見積もりなどもできるので、確認してみてくださいね。

Apple Support
iPhone のバッテリーサービス - Apple サポート (日本) iPhone のバッテリーに問題があるときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換できます。このページでは、iPhone のバッテリーサービ...

とはいえ、本体やバッテリー交換は、手間と費用がかかり、すぐに手を打てないこともあると思います。

現実的な解決策の一つは、モバイルバッテリーの活用です。

上述のとおり、iPhoneの電池が100%の状態で充電し続けることはバッテリーの劣化を早めるのですが、モバイルバッテリーのある生活を送ることで、「常に100%の状態にしておかなくては」という不安を解消できます。

iPhoneのバージョンと生活パターンなどから、最適なモバイルバッテリーを検討してみてくださいね。

まとめ

iPhoneは、私たちの生活に欠かせない存在になっています。

長時間の使用によってバッテリーが劣化してしまうことがあるため、正しい使い方を心がけることが大切です。

正しい充電方法、ソフトウェアアップデート、温度管理を心がけましょう。

バッテリー劣化の進行が気になる場合は、モバイルバッテリーの導入も検討してみて下さい。

必要な知識と行動により、長期的にiPhoneを使用できるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次